展覧会, 昔の道具・品物, 生活

昭和の暮らしー1-

昭和初期のドンザ(漁師衣)、醤油さし と

昭和後期の草木染綿縮緬による懐紙ばさみ

 

昭和の3分の2、に生まれ育ち、

さらに後半3分の1から、この国の布と言葉を伝えたい、

前期3分の1を生き抜いた先人の知恵と工夫を伝えたいと

あれこれあれこれ迷い、まさぐってきました

人生の最終章の始まりに立って

今、ことさらに思います

懐かしむだけでない、忘れていけない、伝えねばいけない

まずもう一度引き出してみたい、昭和の暮らしの引き出し・・・です

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です