動植物, 昔の道具・品物, 繰り回しの提案, 自然

藁家に名馬?・・・

女郎花・ホップ・釣り花と名前の知らない高山植物

庭野辺の花々が秋を謳っています

布団として用いられた藍木綿の美しさにひかれ

お預かりしていた

茶道師範愛用の茶入れの仕覆にと

遊ばせて頂きました

裏地は正花木綿

緒は機械打ちながらかがり糸共染めの正絹よつ打ち

手元の材料を用いました

手に取って眺めながら

「美しいねえ」「日本の品格だねえ」

「これを、村田珠光師の訓え、藁家に名馬つなぎたるを佳し

というのかねえ」・・・・と。

「出来は悪くもわが子はかわい」とうそぶきながら

しばしの時を愉しませてもらいました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です