展覧会, 昔の道具・品物, 祈り

新たな作品もまたテーマは祈りです

新たな年を迎え、新たな時代の扉の前に佇んで・・・

昭和の時代まで

人と生活を共にした藍木綿や綿布を

ひと切れでも縫い残したいと

和合と安寧への祈りを込めて思い描き

ぼろきれの詰まっている段ボール箱をひっくりかえし

古い糸の小箱をひっくり返し

布や糸を選り始めたのは1月でした

伝えられる神代文字で

天には「チチとコとハハ」を

右には「タチハナ」、左には「サクラ」を縫いとめました

ひな祭り、ひな壇・・・・・

無垢の子供たちとの

在りし日を懐かしみつつのことでもありました

ヨコ210㎝・タテ165センチ

これが平成を送る作品となるでしょう

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です